すんき

0

    すんき漬けとは、


    すんき漬けは長野県木曽地方の


    伝統的な発酵食品であり、


    土着品種の赤カブを使用した


    発酵漬物の一種である。


     赤カブの葉茎を湯通しし、


    漬け種と一緒に無塩で漬け込み、


    乳酸発酵させる事で作られる。


    主に乳酸菌等の微生物が行う


    解糖系の副産物として得られる


    乳酸の働きにより、


    独特の酸味と風味が付き、


    保存できるようになる。 


    上記は ウィキペディアより


    すんきそばと いうのも 


    信州ならではの メニューです。


    すんきは 冬の間しか


    作られず、


    昨年は タイミング悪くて 


    食べられなかったので、


    待ちに待った すんきが 販売され


    この冬は 何種類もの食べ方で


    しっかり すんきを いただきました。


    おかげで 全然風邪ひかない気がします。







    木曽の方に 聞いたら、


    お味噌汁に入れても


    美味しいそうです^^


    風邪ひかないように


    乳酸菌で 体内環境を整え


    しっかり栄養とらないと


    ですね。


    また、すんきを 食べたいです。


    | 1/11PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links