'Ohai 'Ula

0

      'UIa (赤)い'Ohai というタイトルの 大切な思い出がある この曲は Northwestern islandsの中で ほぼSouthwestern island寄りに位置するNihoaという現在は無人島の島が 主題の曲です。


      そして 私にとっての大切な曲というのは、昨年他界してしまった 父が最後に観に来てくれた時に舞台で 踊った曲だからなのです。

      父がいなくなってしまってから、ずっと この曲を聞くことかできずに 踊れずに いました。

      ですが、こんなにステキな曲を わたしが閉じ込めてしまっては いけないと やっと最近になり そう思えるようになりました。


      さて、Nihoaですが、紀元後1000年から1700年の間に100人以上の古代ハワイ人が島で暮らしていたそうで、居住地や農地、宗教的な形跡、埋葬洞窟等の遺跡が現在も残っているそうです。


       半分サメ半分人間の神様Kamohoali'i に守られ 沢山の鳥達(歌詞では、鳥ですが 意味は大勢の人々という意味のよう)を

     夢中にさせる この島は 私達の先祖への沢山の愛があります。その土地に Hihimanu 気品のある 'Ohai 'UIa の Leiを掛けられながら。


      Nihoa は 別名 Moku Manu鳥の島。

     

     この曲の作詞作曲は、Kaua'i に暮らす Kainani Kahaunaeleさんの作品です。もしかしたら、空が澄みわたる海の彼方向こうに 時折Nihoaが 見えてたのかなぁなどと 想像しました。


     

      'Ohai:ロイヤルポインシアーナ(鳳凰木)


      






    コメント
    いつか、踊りを拝見させて頂きたいです
    • yoko toba
    • 2018/03/23 10:39 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links