Kahalaopuna

0

       『AMAOTO』のCDアルバムの中に


    『Kahalaopuna』が収録されてます。


    それはそれは うっとりする歌声と演奏に酔い


    しれます。 毎日聴いて癒されてますが。。。


    あれ?と。。。また 疑問が出てきまし


    た。。。


      舞台となる 'Oahu島 Manoa渓谷: 


    honoluluの東部、ko'olau山脈の南東に広が  

     

    る その景色が 思い描けるくらい 幸せな気


    持ちになるこの曲ですが、


    『Kahalaopuna』は、虹の女神の名前で、


    確か 非情な 悲しい死を迎える伝説があった


    なぁ?と。。。でも 何故にこんなに幸せな気


    持ちになる曲なのか疑問に感じました。。。


    そこで、伝説と 歌詞を リンクさせて、解決


    しました。   幸せな気持ちになるのは わ


    たし個人の感想では なかった!(*^^*)


       『Kahalaopuna』が 'aumakua :


    守護神pueo によって、非情な死から 甦え


    らせてもらい 弱っているところを moiliiliと


    いう小さい村の首長のmahanaと 出会い、


    心優しいmahanaによって、救ってもらっ


    た 幸せな気持ち、感謝の心が 歌われてるの


    ですね。。。


    Manoaの風の神 Kahaukaniを父に 雨の神 


    tuahineを母に持つ Kahalaopuna。。。


       伝説の話しではありますが、沢山の愛に


    守られている Kahalaopunaに 憧れます。


       そしてより一層、好きな曲になりまし


    た。



       


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links