支え

0

    車で 走行中に 路肩で


    道路工事をしている


    青い作業着を着てる人と


    ふと 目が合った瞬間に


    ドキっとしました。


    目が離せずに


    目を凝らして見ていると


    顔が はっきり見えてきました。


    その人は亡くなった父の顔に


    そっくりでした。


    車を停めることも出来ず


    もう一度、よく見たかったですが


    引き返すのは やめました。


    父の20年前くらいの 顔に


    よく似てました。


    父は ルーティーンで


    青い服ばかり着てました。


    天国から 


    今の この非常事態を


    どんな風に眺めているのだろうと


    走行しながら 考えました。


    お前は 俺の娘なんだから


    大丈夫だと 、


    きっと言っているのがわかります。


    最近では じょれんを持つ手も


    慣れてきたりして、


    溝の掃除も 虫も 平気でいられる


    自分がいます。


    でも それは 支えてくれる人達が


    自分には たくさんいるから


    強くいられるのですね。


    感謝します。


    そして 改めて、


    ほんとにかっこいい父だったな。と。


    近いうちに また 御墓参りに行こう。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links