0

     著者 近藤純夫さんの ハワイBOX フラの本の 中に、風と雨の話がありますが、

    抜粋すると

     『ハワイでは飲み水を確保するのが大変な時代があった。はるばる北東から太平洋を越えて吹きつける湿った風は ハワイ諸島の山々にあたって雨を降らせる。けれどもその雨はホノルルやコナなどのリゾート地がある南東部にはほとんど届かなかった。』

      また、『ハワイ島のワイピオ渓谷のように、ふんだんに水が使えるような場所は、代々、首長やカフナ(神官)のような権力者が独占してきたから、一般の人たちは水の心配が絶えず、島々には雨乞いを専門とするカフナがおり、ヘイアウがあった。

     降り注ぐ雨は地下に吸いこまれるため、地上には川や湖があまりない。人々は洞窟の天井から滴り落ちる水を器にためたり、用水路をひくなど、水の確保に苦労しつづけたのだった。

     ハワイの4大神のひとつであるカーネは水の神として知られ、カーネの水を飲むと人は不死の力を与えられると言われた。淡水がいかに貴重だったかを物語っている。』


    と あります。

    日本で暮らすと雨は晴れよりも 残念に感じてしまいやすいのですが。。。

    こういうことを 思い出すと 雨が好きになります。 


    また、雨には ハワイ語で 様々な言い方があります。


    雨 Ua

    にわか雨 Naulu

    どしゃぶり Ua loku

    雷雨 'ino'ino

    霧 Noe

    霧雨 Ua li'ili'i

    台風 Kaipuni


    フラで それぞれが表現できたら ステキですよね😉



    コメント
    水の大切さを感じますね!

    時には雨を楽しむ余裕の毎日を送りたいですね!

    フラでの色々な雨の表現に興味あります🎶

    • つくし♪
    • 2018/01/22 11:01 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links